業者選びに役に立つ学校・塾・スクール・資格に関連した業者をご紹介します。

教育事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

塾の講師は免許を持っているのでしょうか?

私はこれから塾の利用を検討していて、いろいろな情報を集めている段階です。
そのときに気になったことがあり、それは塾講師というのは免許を持っているのかということです。
塾講師は教員免許などを絶対に持っているものなのか、免許を持っていた方がいいのか気になっているため教えてください。

回答

教員免許がなくても塾講師になることができます


塾講師というのは教員免許が必要なものなのか気になっている人がいるかもしれません。
結論からというと、塾講師というのは教員免許がなくてもできる仕事です。
そのため、たとえば大学生のアルバイトが塾講師をしているというケースもあります。
それでは、これから塾を選ぶときに教員免許を持っている講師がいることを重視するべきかどうか気になる人はいるでしょう。
この点については、特に教員免許を持っている塾講師に拘る必要がないといえます。
教員免許を持っている塾講師というのは確かに安心できる材料となるかもしれませんが、教員免許があることが塾講師のスキルの高さを証明しているわけではありません。
特に受験対策のために塾の利用を検討している場合は、学校の授業で教えている以上のレベルのものを求めている人が多いでしょう。
ときには大学レベルの知識も踏まえた上で指導をしてほしいと考えている人も多いはずです。
そのような内容の指導を受けたい場合には、教員免許を持っているかどうかよりも、その人が大学院を出ているか、どんな専攻を卒業したのかということが重要でしょう。
また、塾講師というのは、仮に数学の教員免許を持っていたとしても、塾では英語を教えているというケースもよくあります。
必ずしもその人の持っている教員免許の科目と同じ科目を塾で教えているとは限らないのです。
したがって、これから塾を選ぶときには、あまり教員免許のことについてこだわる必要はないでしょう。
それよりも、その塾のこれまでの実績や塾講師の個人としての能力などに注目したほうがよいです。
教員免許というのはあくまでも学校で教師になるために必要な資格であり、教員免許を持っていることがそのまま指導能力の高さに直結するわけではないと覚えておきましょう。
このように理解しておかないと、教員免許を持っているから信頼できると思ったのに、実際に指導をさせてみたらあまり能力が高くてなくてがっかりするというケースが出てきます。
学校と塾では教える側に求められている能力が違うことをきちんと理解しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク