業者選びに役に立つ学校・塾・スクール・資格に関連した業者をご紹介します。

教育事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

東京と地方の学習塾では指導力に違いが出る?

今までずっと東京で暮していたのですが、主人の仕事で福岡に引っ越ししなければいけなくなりました。
現状では、再び東京に戻って来られるかは分かりません。
高校一年になったばかりの子供が一人いて、これまでは東京の有名大学を目指して全国にもフランチャイズ展開している大手学習塾に通っていて、福岡に行っても引き続き同じ塾に通わせようとしたのですが、私たちが引越しする地域には、通える範囲にその塾がなくて困っているところです。
転校する高校は見つかったのですが、今通っている高校よりも偏差値で比較するとかなり劣っていて、進学校でもないので、学校の授業だけで希望の大学へ進学することは難しいと判断しました。
引越し先で良さそうな塾を調べましたが、高校生を受け入れているのは個人経営の塾しかないようで、ホームページは見ることができますが、正直実際に訪れて詳しい話を聞いてみないと、現状ではどこがいいか判断できません。
このままずっと九州地方で暮らすのであれば、九州の国立大学という選択肢もあると子供とも話しているのですが、あくまでもこれまで通り東京の有名私立大学を第一志望にしたいと子供は言っています。
そこで質問ですが、大手の学習塾のリモート授業も選択肢に入れているのですが、個人経営の塾とどっちがいいか悩んでいます。
個人経営の塾に通うメリットがあれば、その点を詳しく教えてもらえないでしょうか?


回答

個人塾にも大きなメリットがあります。


大手のリモート授業と個人塾のどちらがいいということは、ここでは言い切ることはできませんが、個人経営塾のメリットの一つには、地域密着型ということで、地元の大学へ進学する場合は有利になるケースが多いことが挙げられます。
東京を本拠地としている大手学習塾では、東京の有名大学の情報やデータをたくさんもっている分、各大学の受験対策を熟知していますが、それと同じように、地元に根付いている個人経営塾は、特定の大学の情報量では大手に負けていません。
また、地方にある大手学塾のフランチャイズでは、派遣された社員が切り盛りしていることが多く、地域性などを理解していない可能性も高いですが、個人経営塾では、経営者の塾長自身が必死になって進学率を上げようと頑張っている場合も多く、経営を維持していくための必死さが雇われ塾長とは全然違います。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク