業者選びに役に立つ学校・塾・スクール・資格に関連した業者をご紹介します。

教育事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

中学受験のための塾選びのポイントは?

自慢ではありませんが、うちの子は家でそれほど時間を費やして勉強をしているわけでもないのに、テストでは常に良い成績を獲得していて、今までは仲の良いお友達も進学する公立の中学に行く予定だったので、中学受験の心配は全くしていませんでした。
しかし先日急に有名私立大学の付属中学へ受験したいと言い出して、それでも学年でも上位の成績を納めていたので、家で一生懸命勉強すればいいと思いましたが、難関の私立中学の受験は、学校で習っている勉強だけでは合格するのが難しいとのことで、塾に行きたいと訴えてきました。
夫とも前から何か習い事をさせた方がいいのでは?という話をしていたので、ある程度の授業料を支払うことは問題ないのですが、それでもそれなりのお金がかかりますし、せっかく塾に通わせなら志望校に合格して欲しいので、塾選びは大切だと思っています。
ズバリ、中学受験で失敗しないための塾選びのポイントを教えてください。


回答

講師の質や相性が重要なポイントです。


行きたい中学が決まっているなら、目標にしている中学への合格者をたくさん排出している塾を選択しましょう。
ご指摘の通りに、受験する学校によって試験問題に特徴があって、学校の教科書を全て暗記しても、合格できるとは限りません。
いかにそれぞれの学校の試験傾向に合わせて勉強するかが、合格の近道となります。
ただし、各塾が発表している合格人数にはからくりもあって、1人の優秀な受験生が複数の受験に合格した場合に、それを全てカウントして人数に含んでいることもあるので、あくまでもその年に実際に志望校に入れた人数を確認してください。
塾に通わせる時には、個別で授業を受けるか、団体で授業を受けるかでも成績に大きく影響します。
団体塾が向いているのは、自分で進んで勉強できて、基礎がしっかり固まっている生徒で、それ以外は個別塾にするか、優秀な家庭教師を選択することも効果的です。
講師の質はかなり大きな要素で、たくさんの合格者を出している塾でも、実際に指導してくれる講師が合否を左右することになるので、失敗しないためには、まずはお試しコースなどを利用して、講師の質とお子さんとの相性を確認することを強くおすすめします。
この時に、塾ごとのカリキュラムもしっかり確認して、受験に向けたカリキュラムがきちんと整っていれば大丈夫です。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク