業者選びに役に立つ学校・塾・スクール・資格に関連した業者をご紹介します。

教育事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

高校から塾に通うメリットとは?

小学生の時に子供を学習塾に通わせたお陰で、有名私立中学の受験に成功し、あとは普通に勉強して落ちこぼれさえしなければ、エスカレーター式で大学にも行けるので、親としては安心していました。
無事高校へも上がることができたので、てっきりそのまま同じ大学に進学するものだと思っていましたが、高校進学直前に急に他の大学の受験もしたいと言い出しました。
目標を高く持つことは良いことだし、受験に失敗しても現在通っている学校の大学には進学できるので、特に何も問題はないと思っていましたが、自分なりにいろいろ調べたみたいで、今度は塾に通いたいと言ってきました。
周りでもレベルの高い大学を目指している友達もいるみたいで、受験に成功した先輩も塾を利用していたことが分かりましたが、行きたい大学の受験勉強を専門にしている塾でもないので、わざわざお金を払って塾に行く意味が分かりません。
もちろんできる範囲で協力はしたいと思いますが、高校生が塾に通うメリットと、一般的にどの程度の費用がかかるのか教えてください。


回答

塾に通うことで受験勉強しやすい環境が整います。


特定の大学への進学を目的とする塾でなくても、塾に通うことで強制的に勉強に打ち込めるというメリットがあります。
特に集中力がない生徒さんの場合は、受験勉強の良きペースメーカーになりますし、受験に合わせた課題も出してもらえたり、模試を受ける回数も多くなりますので、目標にしている大学への合格率は自然に高くなるでしょう。
特にほとんどの生徒が受験勉強をしない環境にあるようですので、受験直前になると特に緊張感が薄れていくと考えられます。
学校以外で、強制的に勉強ができる環境を作ることはとても良いことです。
同じ目標を持った生徒たちが、周りで勉強していることで、刺激を受けられることも高校生が塾に通う大きなメリットです。
気になる塾に通うための費用ですが、入学する際の入学金、授業料、講習料などが必要になります。
集団で授業を受ける場合は、入学金の相場が3万円、授業料は1講座あたりで7?8万円、講習料が1講座あたり2万円が相場となっていますが、個別指導になると授業料が年間で30?40万円、講習料も1?5万円とどうしても高額になって、負担も大きくなってしまいます。
予算に合わせて受験科目を調整する方法もありますので、お子さんや塾とも良く相談して決めるといいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク