業者選びに役に立つ学校・塾・スクール・資格に関連した業者をご紹介します。

教育事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

いつから塾に通わせればいいのでしょうか?

我が家には子供が2人いて、主人はできればもう1人子供が欲しいと言っています。
2回とも難産で大変な想いをして、もう出産はこりごりだと思っていましたが、不思議なもので時間が経つともう一度子供を産んでみたいという気持に最近なってきました。
しかし決して裕福な家ではないので、子供が3人ともなると学費のことが心配で、上の子が来年小学校に入学するので、そろそろ塾のことも真剣に考えなければいけないと思うと、3人目をつくることを躊躇しているところです。
やはり今の時代はみんな塾に通わせていると思うし、親として大学までは行かせてあげなければいけないと考えていますが、一般的にいつから塾に通わせていて、どのくらいの費用をかけているものなのでしょうか?
それによって3人目についても真剣に考えたいと思うので、ご回答をどうぞよろしくお願いいたします。


回答

小学生高学年で通塾率は過半数に達します。


小学生になる前に塾に通わせている親御さんはそれほど多くはありません。
学習塾以外の幼児教育や習い事を含めても、通塾率は1割代となっています。
ただし、小学生になると、低学年でも通塾率は倍増して3割程度までアップして、6年生になるとさらに倍増して6割程にも跳ね上がります。
小学生から学年があがるごとに通塾率はどんどん上がっていき、ちなみに中学3年生では8割ほどまでにアップします。
高校生になると、通塾率は一気にダウンしますが、これは中学生までと比べて、学習範囲が広くなって、勉強についていけなくなるお子さんが増えていくからだと推測できます。
したがって、良い大学に行かせたいのであれば、やはり通塾率が過半数を超える小学生のうちに通わせた方がいいかもしれません。
学習塾に通わせるための費用ですが、ひと月あたり平均で1?3万円となっています。
もちろん塾の形態によって授業料はかなり異なり、個別指導塾であれば平均で4万円程度、家庭教師であれば相場は5万円となっています。
集団塾の場合は3万円程度なので、大概は集団塾を利用していますが、毎月の授業料の他にも入学金もかかりますし、教材費や模試の受験料などもかかりますので、確かにお子さんが1人増えれば負担はかなり大きくなります。
授業料だけではなく、年間の費用を最初に考えて、無理のない授業料の塾を選ぶことをおすすめします。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク